肌が荒れたり、1日何度もシェービングしたりと、髭のお手入れは面倒です。

 

脱毛を考えてみたものの、実際わからないことだらけだったりします。

 

まずは、自宅でできる家庭用脱毛器で手軽にヒゲ脱毛ができるのか考えてしまいませんか?

 

家庭用脱毛器は髭にも効果ある?

  • 医療機関と家庭用脱毛器との違い
  • クリニックやサロンが使う脱毛機器の違い
  • 家庭用脱毛器のおすすめと値段

ここでは、気になる方が多いと思う、この3点を挙げて紹介します。家庭用脱毛器での髭の脱毛をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器ではヒゲ脱毛ができない?

脱毛器の出力パワーが違っておて、家庭用脱毛器はどうしても出力が弱いのでその分効果も弱くなります。

 

家庭用脱毛器と医療機関の大きな違いは、レーザー光の出力パワーです。
エステやクリニックで扱う機器は出力パワーが大きい分、痛みを伴う可能性も高いですが、脱毛の効果も高いです。

サロンやクリニックでも脱毛方法が違う

ニードル脱毛・・一部のエステサロン

 

古くから脱毛の方法として使われています。
特殊な針を毛穴ひとつひとうに差し込み、毛根部を焼き切り、生えにくくする方法です。
1回の施術時間もかかり、何より痛みが強いので、使用している所も少なくなってきました。

 

髭のお手入れになると、顔に針を使うことになるので、少し恐怖心もあるかもしれません。

 


フラッシュ脱毛・・・ほとんどエステサロン

 

エステサロンで多く使われている方法です。
特殊な光を毛根部に集中して照射し、脱毛していきます。
肌の負担が少ないので、髭のお手入れにおすすめの方法です。

 

しかし、回数を重ねて毛母細胞を死滅させていくため、毛が少なくなるまでには期間がかかります。

 

レーザー脱毛・・医療クリニック

 

医療機関で最も使用されている方法です。
毛の黒い部分に反応するレーザーを使用し、熱を与え、毛母細胞から破壊します。
日焼けしている箇所やほくろがある部分は避けて、施術していきます。

 

毛周期等の関係で、頻繁に施術することができない場合もあります。

家庭用脱毛器のおすすめと値段

エステやクリニックに行って施術してもらっても、永久脱毛として完成するには、相当な日数がかかります、また一度脱毛が完了しても数年たてば、また生えてきた、ということは巷で沢山あります。そういうケースを考えると、家庭用脱毛器のほうが効果は弱いけど、長く継続はできるので、効果もゆっくりだけどずっと続くということになります。

 

ケノン 70,000円前後

 

男女共に使用できるということは、肌に負担が少ないということになります。
こちらのケノンは、美顔機能もついてるので安心して、髭のお手入れに使用することができます。
何より、照射範囲が大きいというのと、出力が強いというのが嬉しいところです。

 

何より光脱毛なので、痛みを感じることが少ないです。

 

 

トリア 40,000円前後

 

レーザー光を使った家庭用脱毛器なので、効果がでやすいというのが一番の特徴です。
照射範囲は狭いですが、それだけレーザーの効力が分散することがありません。
熱を当てるので肌が乾燥しやすいのですが、保湿をしっかりすれば心配ありません。

 

冷却したりと手間は少しかかりますが、レーザー光での脱毛の効果を感じるはずです。

 

自宅で永久脱毛!人気ランキング

 

どの方法を利用する場合でも、1回で毛が生えなくなるということはありません。

 

徐々に毛が薄くなってくるという意識を持つことは必要です。
何より家庭用脱毛器での脱毛は、おうちでのスキマ時間でお手入れすることが可能です。

 

予算や時間を有意義に使えるご自身の髭の脱毛方法を、ぜひ見つけてみてくださいね