リンクスのヒゲ脱毛はアトピーぎみの肌でも効果ある?

メンズ脱毛「リンクス」は男性に人気ですが、リンクスのイノベーションという脱毛機は光脱毛の中でもちょっと強めな印象があります。

 

アトピーぎみの敏感な肌でも安心して利用できるのか?効果もちゃんとあるのか気になりますよね。

 

ヒゲ脱毛 アトピー肌

 

アトピーぎみの肌への影響を中心に調べたので紹介します。

 

クリックすると目次の場所に飛びます。

アトピーぎみの肌の人にこそ、ヒゲ脱毛をおすすめしたい理由とは?

ヒゲ剃りの悪影響

アトピーぎみの肌は、肌が敏感な状態です。

 

ちょっとの刺激でも反応し、更に悪くなってしまうことが多いので、なるべく刺激を与えずにやさしくお肌を取り扱ってあげるのが優先なのですが、ヒゲソリは刺激を与えることの一つのため、ヒゲソリするたびに肌が痛めているのです。

 

アトピーぎみの肌の特徴

  • 環境の変化、ストレスなど生活で感じる様々な影響に肌が反応する
  • 敏感肌の状態で、肌に触れるものにもすぐに反応する

 

ヒゲ剃りの悪影響

アトピーぎみの肌の場合、ヒゲ剃りの際のカミソリは大きなストレスになります。

 

ただでさえ潤いが不足気味で、うるおい層が剥がれ落ちやすい状態なのに、そこをカミソリで毎日剃ってしまっているからです。

 

カミソリは多少なりとも肌のバリア層を剥がしてしまい、それがアトピー肌を重症化させてしまいます。

 

カミソリがアトピー肌に与える影響

  • カミソリ負け
  • ニキビなどの重症化
  • 皮膚炎

 

アトピーぎみの肌の人こそ、思い切ってヒゲ脱毛をした方がいいですね。

 

毎日カミソリをあてる必要をなくしてしまえば、肌のトラブルも軽減しアトピー肌が重症化することもなくなります。

アトピーぎみの肌でも、ヒゲ脱毛はできるのか?

 

敏感肌の脱毛はできるのでしょうか?

 

アトピー肌ヒゲ脱毛

敏感肌の人の脱毛注意点

  • 脱毛前にはカウンセリングを受ける
  • 皮膚科のかかりつけの医師に相談してから
  • 脱毛の光のレベルを知る

 

脱毛前にはカウンセリングを受ける

 

脱毛前には専門スタッフのカウンセリングがあります。

 

そこで皮膚の状態をチェックしOKならば施術可能です。

 

皮膚科のかかりつけの医師に相談してから

 

ほとんどの人の場合、ヒゲ脱毛した後の皮膚は毛嚢炎を一時的におこします。そのときにステロイド剤を処方されます。

 

すでにステロイド剤を使っている場合、対処がとても微妙になります。かかりつけの医師がいるなら、先に相談しておくようにしましょう。

 

程度が低ければ脱毛OKなので、医療クリニックでもメンズサロンでも施術は可能です。

 

脱毛の光のレベルを知る

 

アトピーぎみの肌の人ならば、皮膚科での施術は何かあった時にすぐ医師に診てもらえるので安心と思うかもしれません。

 

皮膚科で行える脱毛は、医療レーザー脱毛で光の照射力が非常に高いです。そのため肌への影響も強くなる可能性があります。

 

アトピー気味の人がレーザー脱毛をして、毛嚢炎の程度が通常よりひどくなる場合がありますので、まずは、カウンセリングや体験脱毛を受けてしっかりチェックしてから始めるのがおすすめです。

 

光の強さが低めの光脱毛から始めるほうが刺激が少なくて負担なく始められるケースが多いです。

 

リンクスで髭の永久脱毛!費用と効果

 

ヒゲ脱毛でアトピーぎみの肌改善する?

「リンクス」のヒゲ脱毛がアトピー肌にもおすすめと言える理由とは?

リンクスのヒゲ脱毛

 

リンクスのおすすめポイント

  • 男性の脱毛技能士が常にいる
  • 脱毛経験のあるスタッフがいる
  • 「脱毛パッチテスト」を行なってから脱毛
  • 男性の濃い毛専用に開発された男性専用の脱毛機を使用

 

リンクスはアトピーぎみの肌にも効果の高い脱毛ができます。アトピーぎみや敏感肌で悩んでいる肌の人こそ、ヒゲ脱毛は必要でしょう。

 

ヒゲ剃りが少なくなるだけでも、肌ダメージが改善してくるので、ほとんどの人が肌の調子が良くなったと言っています。

 

まずは、お試し脱毛が1800円からできるので、カウンセリングを受けて、自分の肌に合うかどうかをためしかめてみるといいですね。

 

気兼ねなく相談できて、お試し脱毛ができるサロンでどんな感じになるかから始めるといいでしょう。